インプラント・口臭治療・口腔外科・入れ歯・歯周病・矯正などのご相談は和久(わく)歯科医院へ

噛み合わせを、逆のままにしておくと下顎骨(かがくこつ)が成長し過ぎる状態が続きます。
下顎骨が取り返しの付かない程大きくなってしまう前に、逆の噛み合わせは治しておくべきです。

早ければ早いほど、ご本人の負担は軽くて済むと思います。
年齢が高くなると治療法の選択肢が狭くなり、手術法も選択肢に上がってきますので費用もその分高くなります。

最新の質問&回答:2009/3/4 水曜日