ベッキースキャンダルに思う

院長がべっぴんブログに乱入してまで書きます。

  
今やサイトのどこを開いても、ベッキー批判の嵐です。

まるで好感度タレントの鬼の首を取ったかのような、

魔女狩り的空気が充満しています。

逆に擁護しようものなら炎上必至の感さえある怖さを

感じますが、敢えて書かせて頂きます。

人は多面的な生き物です。

心に天使も居れば悪魔もいます。

ベッキーの今回の件については、

弁明の余地は確かにないかもしれません。

しかしそれだけで彼女という人格を、

全て切り捨てることが果たして許されるのでしょうか?

  
ベッキーはきっとこれまで、

周囲の人々に優しくもしてきたでしょう。

目の前の大きな荷物を抱えたおばあちゃんに、手を差し伸べ

同僚に差し入れをして、困り事に相談も乗ってきたでしょう。

両親を敬い、ボランティアにも参加して、

彼女の笑顔で救われた人も多かったはずです。

積んできた徳の数々さえも否定するような、

今回の人格否定報道は、

「だってあいつが悪いんやもん!」と

いじめを容認するような子供の

世界と何が違うのでしょうか。

もしベッキーが自死するほど追い込まれたら、

その口から出るいじめ問題について語る言葉に、

嘘はないと言えるのでしょうか。

誰しも人には見せられない、

心のlineの一つや二つあるはずと思います。

目の前の人を、一面だけで切り取る

傲慢さこそ危うく感じるこの件。

試されているのは私たちの方ではないかと

思わずにはおれません。

Leave a Reply