Archive for the 'わくわく家族' Category

父の日

土曜日, 6月 14th, 2014

わく歯科では今回父の日のイベントとして、
チェアーに設置してある
ビジュアルマックスで、
お子さんにお父さんの似顔絵を描いて頂きました。

めっちゃ嬉しそうに描いてくれるお子さんもいれば、
「絵は苦手やから、メッセージにする」という子
中には「お父さん嫌いやから、お母さん描いてええ?」
父の日やから!!!

それを聴いて三人の子供のお父さんとしては、
寂しく身につまされました。
その日家に帰ると
『そして父になる』のDVDが借りてありました。
これって偶然?引き寄せ?
父はやっぱり自然に父にはなれないようですね(泣)

古希祝い

木曜日, 9月 20th, 2012

先日母が古希を迎えました。

逗子に住む妹が帰省した日に、

食事会と称して内緒で準備した古希祝い。

和田のひさごに長女家族も内密に参加させました。

現地に着いた母は「何であんたらがおるん?」といぶかしげな表情。


しかし孫の顔を見るとすぐに猫なで声に変わります。

これまで照れ臭くて「ありがとう」の一言もなかなか言えないダメな息子です。

「ありがとう」さえ貯め込んで、出す機会を窺っていました。

妹二人にも事前にメッセージをもらい、スタッフ忘年会で鍛えたムービーに思いを込めました。

いつもお世話してもらっている孫たちも、妹はこの日のために手作りリースを用意。

「今日はいつも世話になっているおばあちゃんの古希祝いです。
いっぱいお礼の言葉を伝えて下さい。」

「そんなんしたら早死にするわ」と母も照れくさそう

その後は美味しい懐石を目の前にしながら、すっかり子どもたちに時間を占領されました。

ただそれを見守るおばあちゃんはとても嬉しそう。

途中徹夜で作ったムービーを流すと、母より妹が号泣

昔の写真を見て、細いお母さんやお父さんに子どもは驚き、大人は爆笑


とても和やかな古希祝いになりましたが、翌朝からはまた「あんたら早よし~な!」

「おばあちゃんうるさいねん!」といつも通りの和久家の朝でした。

本場甲子園キッザニア

金曜日, 6月 8th, 2012

去年わく歯科でキッザニアを開催してからというもの、

子どもたちから本場のキッザニアに連れて行けと

しつこく要望されていました。

私のスケジュール帳を勝手に開いて、

大きな字で「6時半着起しょう!キッザニア!」

と書いているではありませんか。

いつもなら7時になっても「あと10分・・・あと5分・・・」と

なかなか布団から出ようとしない娘が、

5時半には「お父さんもう用意せな」と身体を揺すります。

奥さんとおばあちゃんには、休日をプレゼントするつもりで、

3人だけで行く計画です。

 7時前には甲子園に向け出発!

8時半には着いたのですが、すでにキッザニアの前には行列が・・

・中に入る前に二人にどこに行くのか確認します。

下の落ち着きない息子が、「警察官!」 

自分が補導されるんちゃうやろな?

上の娘は「歯医者」。

何でやねん!?

ここまで来て歯医者行かんでもええんちゃうのと引き留める私に

「今年わく歯科でやるキッザニアの参考にするねん!」

泣かせること言うやん。

大人はどのブースでも中には一歩も入れません。

私一人で二人の写真を走り回って汗だくで撮りました。

娘は歯医者、医者と医療関係を巡った後、

新聞記者、証券マン、ラジオDJと様々な職種を経験。

「私やっぱり文系やな~」やって

息子は警察官、パイロット、建設作業員、レスキュー、

と頭にいつも帽子かヘルメット

「運転するんが面白かった!」とまるでテレビゲームの延長。

最初ものすごい人で、これはあまり廻れないと覚悟していたのですが、

ディズニーなどと違い予約制であることが功を奏して

たくさん経験出来ました。

幼い時期に様々な仕事を体験して、

自分の傾向を知る意味でも、本当に良く出来たテーマパークです。

お陰で娘は文系、息子は肉体系とはっきりわかってしまいましたね。

ということで、わく歯科の今年のキッザニアは、

受付、衛生士、歯医者、技工士とすべて

廻ってもらいます!