Archive for 11月, 2014

ハッピーバースデー♪

火曜日, 11月 25th, 2014

丹波市わく歯科のともちゃんです。

寒さが日に日に増しますが皆さん体調はいかがですか?

風邪対策にはやはりうがいです。

私も手洗いうがいを徹底し冬を乗り切りたいです。

 

さて…実は…昨日は…恐縮ですが…

私の誕生日なんです。

 

わく歯科の皆んなにお祝いしてもらいました。

ssDSC_0404

年々誕生日となると、

また一つ.…とため息が出ちゃいますが、

こうやって皆さんにお祝いしてもらえて

誕生日っていいなーって改めて思えます。

皆さんありがとうございます。

 

次は、ヒッキーです

 

歯磨きの基本♡

金曜日, 11月 21st, 2014

みなさん、今晩は。
丹波市わく歯科医院のたにっちです!

いきなりですが、皆さんは歯磨きにどれくらい時間をかけられますか?
私は特に夜、”ながら磨き”をしながら、10分くらいは磨いてから寝ています!長かったら15分くらいかかっている時もあります笑
お口の中もお風呂に入ったようにサッパリするのがサイコーに気持ちいいです ♡
今日はブログを通して、いつも私が患者さまにお話している”歯磨き 3つの基本”を簡単に紹介します!

その①
“歯ブラシを置く位置”→歯と歯茎の境目に45°くらいに置く
これはブラシの毛先が歯茎の中、約1~2ミリ入ってバイ菌を書き出してくれる効果があります。

image

その②
“歯ブラシを動かす幅”→大体1~2本(目安=奥歯なら1本、前歯なら2本)ずつ丁寧に磨きます。ブラシの毛先が歯と歯の隙間に入り込むくらいの圧をかけて、その毛先が隙間から逃げない程度に優しく小刻みにブラシを振ります。目安は20往復くらいです。
これで残りやすい歯と歯の隙間のバイ菌をこすり取ります。

image

その③
“歯を磨く順番”→前歯から奥歯に向かってブラッシングを進めて行くよりも、奥歯から前歯へ徐々に前方移動して、ブラシを動かす方が磨き易いものだと思います。いつもスタートは奥歯からです。
基本はブラシを歯面から離さないようにブラッシングを順次進めいきます。ポイントは”一筆書き状”です。一度ブラシを置いたら隣の歯→隣の歯へと進みます。奥歯へと移動(後方移動)せざるを得なくなった時、ブラシを歯面から離してまだ磨けていない同側の奥歯からまたスタートします。(例、下図①→下図②)そして、下図①でブラシを浮かした位置を、下図②でのブラッシングで必ず通過するようにして、上顎外側のブラッシングは終了です。
上顎外側が終わったら、上顎内側(下図③④)→下顎外側(下図⑤⑥)→下顎内側(下図⑦⑧)それぞれ同様に上記のブラッシングのポイントを適応してください。
そうすれば気づかない磨き残しは減らせます。
決まりなく気の向くまま自由にブラシを動かしてしまうと、ブラシが当たっていない歯もでてきますし、”飛び残し”となる原因になりますので注意して下さい。

image

以上、たにっちのお送りする”歯磨き3つの基本”でした。
これで、大体キレイに磨けます!笑

これは、私個人の考える”基本”ですので、学会等に属するものではありませんし、条件や患者さまによって変わってくることもございます。
また、説明が難しい点などから、誤解を招くこともあるかと思いますが、何かのヒントになればと思った次第です。
自分に合った磨きかたを詳しく知りたいと思われましたら、お近くの歯科医院であなた様に合った磨きかたを教えてもらってくださいね♪

オマケ★
歯ブラシの持ち方はえんぴつ持ちが一番操作しやすく、力のコントロールもしやすいです。
ポイントは親指の腹と人差し指の腹でしっかりとブラシの柄を持ち、その2本でブラシをクルクルと回転させて歯に当たるブラシの角度を微調整して下さい。

image

またボロボロの歯ブラシ、くたびれた歯ブラシは清掃効率が落ちて結局磨けていない状態になるので、開いてきたら交換時期のお知らせです!

image

歯磨きは”磨いたつもり”ではなく、”磨けていること”が重要です。
歯を大切にしてくださいねーーー♪

では、次はなんと、グッドタイミングなともちゃんの番です♪
何がグッドタイミングかは………また明日のお楽しみで♪笑

有本100周年記念講演

火曜日, 11月 18th, 2014

みなさん、こんにちは!
丹波市 わく歯科医院 ゆっちんのBlogです(^o^)/

先週の日曜日、私とたにっちは歯周病についての講演会に参加してきました♪

いつも歯科材料でお世話になっている有本さんの100周年記念講演でした!

IMG_2808.JPG

たくさんのエビデンスに基づいた講義の内容に、とても勉強になりました(^^)

プチ実習もあって面白かったです(^o^)/

歯周病は菌によって感染した組織と、その原因となる菌を取り除かなければならない病気です。
しかし口の中はバクテリアだらけの場所です。
長く放っておくと、菌が増え、組織に炎症を起こし、更に菌が悪性化し有害な毒素を出すため症状は進行していきます。

そのため定期的にクリーニングをし続けることが一番効果的な治療になりますp(^_^)q

わく歯科は予防を大切にしています。
虫歯も歯周病も必ず原因となるものが存在する病気なんです。
患者さんと一緒に個々のリスクに合わせて改善策を考えていきたいと思っています*\(^o^)/*

みなさんの健康に繋がる最新の知識を、学びの場を通して更新し、診療の中でも、患者さまにどんどん広めて行きたいと思います♪

次はたにっちです*\(^o^)/*