Archive for 11月, 2017

世界初!リグロス!

水曜日, 11月 29th, 2017

こんにちは!

丹波市わく歯科医院のたにっちです!

寒い〜寒いですね〜❄️

先日の11月23日、私が所属する臨床歯周病学会の関西支部・大学合同研修会にて、教育研修会がありましたので、そちらに参加して参りました。

定期的に開催される勉強会では、毎回色々な情報が得られるので、参加する度に医学の進歩を感じると共に、私自身の勉強不足を感じるので、身が引き締まる思いです。

今回も会場はいつもに劣らず、イスの数が足りず余剰が用意されている程の盛況ぶりでした(^^)♡

<

育講演は、大阪大学大学院の口腔科学を研究されておられる北村正博先生によるリグロスの講演でした。

“リグロス”とは、世界で初めてできた歯周組織再生薬品の商品名です。

口腔内に塗布する、お薬です。

<<<<< ○歯周病などで壊れてしまった歯周組織を再生する手術の方法(GBR法)や、歯周組織再生用材料(エムドゲインゲルー幼若ブタの歯胚から抽出・精製したたんぱく質)は、これまで歯科でも歯周組織再生療法に利用されてきましたが、昨年とうとう薬剤として日本で作られ、そして認可されたということです!

リグロスは、再生を誘導させるFGF-2という線維芽細胞を増殖させてくれる因子が含まれております。

このFGF-2とは細胞増殖因子、血管新生因子、神経栄養因子として幅広い機能があり、色んな細胞に対して増殖活性を示します。

歯周組織再生療法とは、歯根膜中にある未分化の間葉系細胞のポテンシャルを利用して歯周組織再生を起こす、というものですが、リグロスはFGF-2を利用して必要な歯周組織を再生させようとするお薬ということです。

すごくないですか?

世界初ですよ!

ただ、どんな薬でも、治療法でも、”絶対”というものはないのです。

このリグロスを用いて手術をしたからといって、必ず組織が理想的に再生するという保証はないですので、そこはお見知り置きを!

先生も、リグロスは塗れば必ず治るという万能薬ではない!と断言されておられます。

しかし、治療効果が期待できるのも事実です。

悩むようなことがおれば、選択肢のうちの1つに入れてみられてはいかがでしょう?

<

つい、先日わく歯科でも、リグロスを用いた歯周組織再生療法が行われました。

予後に期待したいと思います(*^^*)

興味のある方は、スタッフまでお声かけ下さい〜

温活

火曜日, 11月 28th, 2017

こんにちは!

兵庫県 丹波市 氷上町 成松

わく歯科医院の

のんちゃんです!

今年も残すところあと1ヶ月になり

寒さもどんどん増しておりますが

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

この寒い冬を乗り切るための

体を温めるミルクをご紹介します

①まずミルクを温めます。

②そこに生姜をすりおろします。

(量はお好みで)

③次に生姜湯の素 又は 生姜シロップを入れます。私は生姜シロップを入れてます。

これで完成ですが、黒ごまとアーモンドきなこのパウダーを入れると更に美味しいです。

材料はスーパーへ♪

騙されたと思ってやってみてください。

ライフワークバランス

月曜日, 11月 27th, 2017

みなさん、こんにちは!

兵庫県丹波市 わく歯科医院 ゆっちゃんのブログです。

ワークライフバランスとは、なにか知っていますか?

「仕事と生活の調和」と訳され、

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、

仕事上の責任を果たすとともに、

家庭や地域生活などにおいても、

子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて

多様な生き方が選択・実現できる」ことらしいです。

わく歯科も職場環境を整えるため、

このひょうご仕事と生活の調和推進企業宣言に

登録しました(^^)

これからよりよい職場づくりに励んでいきます!

次はえりちゃんです(^^)