丹波市 虫歯治療を始め、インプラント、口臭、歯並び、口腔外科、顎関節症、入れ歯、歯周病、矯正などのご相談はわく歯科へ。

丹波市 歯科 わく歯科

完全予約制0795-82-1128 / FAX:0795-82-5738
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~18:00(月・水は19:00、土は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日
ビジョン

ビジョン

わく歯科クレド 2018

「私たちは良心と愛に基づいた医療の実践を通して、関わるすべての人々の幸せを創造します」

わく歯科のクレドはここで働くすべての人の信条です。
スタッフ全員がこれを理解し、自分のものとして受け止め、常に見直し医院に活力を与えます。
そしてクレドに基づき判断、行動します。

患者さんに対しての約束

私たちは患者さんの思いを傾聴し、希望の持てる計画を共に考え、精度の高い治療で悦びを具現化し、正しい情報の提供と愛によって寄り添い続け、理念医療を実践します。
そのためにメンバー全員が常に学び、より良くなるために精進することを約束します。

メンバーに対しての約束

メンバーの物心両面の幸せを追求します。
互いに学びと自己実現の機会を与え、声掛け、労いを忘れません。
メンバーの成長が医院の成果です。
その成果をメンバーのさらなる成長のために、投資することを約束します。

社会に対しての約束

自分たちが社会の一員であることを自覚し、ルールを守り、礼儀を重んじ、感謝を忘れず、率先垂範で社会に貢献することを約束します。


  1. 自分が源

    すべては自分の心、考え方が決めています。
    自分の心のあり方、物事の捉え方が、出来事の幸、不幸を感じさせているに過ぎません。
    すべては自分の姿が映し出されている結果であるとすれば、他人や環境を嘆いても意味がありません。相手や現実は変えられないのです。
    いつまでも人の引いたレールの上で、行先を他人任せにしてはいけません。
    主体的に生きなければ、目の前のすべては他人事でしかありません。
    すべての源は自分なのです。被害者ではなく、人生の責任者として誇りをもって生きましょう!

  2. 心と技術の融合

    サービスが良いだけではいけません。
    技術が優れているだけではいけません。
    私たちはより高い人間力で、より良い技術を提供することを目指しています。
    技術は人格のうえに成り立ちます。

    そのために私たちは、読書や自己啓発の話を通して人として成長し、日々の継続的なトレーニングにより技術の研鑽を図り続けます。

  3. 最小限の治療、最大限の予防

    最小限の治療、最大限の予防を心掛けます。
    歯科医療人として、大掛かりな治療が目的なのではなく、「一本の歯」を大切にする気持ちが私たちの原点です。
    自分の歯でいつまでも健全に咀嚼し、自由に会話でき、若々しい笑顔でいられることの素晴らしさを、私たちは知っています。
    私たちは予防を通して患者さんの健康を守り育てる歯科医院です!

  4. 影響の輪

    自分にコントロールできることとコントロールできないことを区別しましょう。
    コントロールできないことに心を囚われている人は、常に周りで起こることに気を取られ、影響を受けながら、反応的にしか生きられません。
    主体的な人は、自分のコントロールできる事柄に集中して、周囲に自分の良い影響を拡げます。
    コントロールできない環境や過去などに囚われず、自分の考え方、取り組み方、態度や言葉に集中するあなたを見て、周りはその良いエネルギーを受けて変わるでしょう。
    自分の影響の輪を広げる意識を持ちましょう。

  5. あいさつと返事

    あいさつは人と人が生きていくうえで、最も大切な礼儀です。
    あいさつとは自分の心を開くこと、相手の存在を認めること。そうすれば相手も自分に心を開いて認めて下さり、周りの見る目が変ります。あいさつが大事だと思うその心が大事。マスクを外して相手の目を見ながらとびっきりの笑顔であいさつするだけで、患者さまの心の串は抜けるのです。
    返事をするときは、間髪入れずに「はい!」と言いましょう。
    自分の中の打算や迷いが返事の遅れを生み出すのです。
    まずは全部を受け入れるつもりで「はい!喜んで!」

  6. 力相応一番

    組織の中で替えのきかない人財になるためには、あなたにしかない力相応一番を見つけることです。
    それは知識や技術、資格だけではありません。
    さわやかな笑顔、早い返事、最高のあいさつ、優しい声掛け、何でも良いのです。
    ただその一点に、自分が一番になるというこだわりを持たなければなりません。
    そのことでは誰にも負けないというあなたの気持ちが、一番大事なのです。
    そのことで、必要とされ、役に立ち、ほめられ、あなたを輝かせます。
    力相応一番をもって、特別な自信を手に入れましょう!

  7. 優先順位

    わく歯科での現場の仕事には常に優先順位があります。
    安全性の確保、
    仲間への貢献、
    新たなるチャレンジ
    です。
    タービンの音が聞こえたらすぐに介助に入ります。
    泣き喚き暴れる子どもがいれば、自分のチェアーを置いてでも手助けします。
    なかなかうまくいかず、困っている仲間がいれば駆けつけて助けます。
    目線を変えるだけで解決することは多くあります。
    学んだことを復習し、実践し、チャレンジし続けなければ、成長はありません。
    自分にとって一番安全な場所は、今の自分にできることだけに留まることです。
    ただ作業するのでなく優先順位を意識した仕事が大切です!

  8. 5S

    5Sは安全、快適、効率的な医院を目指しますが、真の目的とは、「守ることを決めて、決めたことを守る」文化を作ることです。
    徹底した5S活動の実践を通じて、医院環境が変わる、美しい環境にかわってゆくプロセスの中で人が育っていきます。
    医療の質、安全、患者サービスを向上させるのに不可欠な「人づくり」の基礎となるのが5Sなのです。
    そして、そのような環境があってこそ、落ち着いた心が育まれ、仕事の中に気づきが生まれるのです。
    5Sを通して、人としての感性を磨き高めましょう。

  9. 成長への自己投資

    肌も身体も形あるものはすべて衰えます。
    装飾品や美術品も燃えてしまえば灰にしかなりません。
    唯一輝き続けるものは、人間の内面から滲み出る人格と能力です。
    それを磨かない人は、化粧品や服で外見を取り繕(つくろ)うのに余計な出費をするはめになります。
    明確な目標を作り、本を読み、研修を受け、人に出会い、自分の内面磨きに給与の一割を自己投資しましょう。
    自分の内面は燃えることも盗まれることもありません。
    能力開発で出来た成果を、さらに自分に投資することで、自分の価値が上がり続けるのです。

  10. 物には人格が宿る

    どんなに高度な治療をしようとも、どんなに愛想よく笑おうとも、そこで使っている物を見れば、医院のレベルは隠せません。
    セメントの付いたピンセット、レジンで固まった小筆、ワックスの落ちたキャビネット。
    患者さんの立場でそれを見た時、自分の身体を安心して預けることができるでしょうか。
    整理整頓された空間、よく手入れされた道具、ピカピカに磨かれた床。
    そこには医院としての人格が反映されています。
    ちょっとした心掛けが、信頼を生み出すのです。

  11. ファーストタッチ

    口に触るときは、ファーストタッチに神経を集中しましょう。
    心に敏感になるのと同じく、指の触れ方ひとつで、患者さんは安心して身を預けることでしょう。
    痛くない、怖くないは患者さんの信頼の第一歩。
    言葉掛けも事務的にならず、愛情と微笑みを言葉に込めましょう。

    目を閉じて横たわる患者さんの五感は耳や粘膜に集約されます。
    そこから感じる情報が、患者さんにとってのすべてです。
    指先と声から愛と安心を届けましょう!

  12. 記録は財産

    資料の採取は
    患者さんに気づきを与え、褒めるため。
    自分の施術を振り返り、向上させるため。
    時系列の魚の目で、的確に診断するため。

    カンファレンスを通して、メンバー全員の財産として共有するため。
    忙しいときこそ、後で見直せる規格的な資料が大切。
    記録することを面倒がっては、その瞬間はもう二度と訪れません。
    患者さん、医院、自分の財産として、正確な資料を採りましょう。

  13. 時間は命

    丁寧、確実にできることを迅速に行うために、時間への意識を常に持ちましょう。
    自分の成長を測る術は、同じことを昨日の自分より、どれだけ素早くできるようになったかしかありません。
    時間を掛けたことが良い成果を生むのではありません。
    迅速な処置が、感染の機会を減らし、生体の予後も良く、患者さんの苦痛も軽減するのです。
    その上時間はあなたの時給、医院のコスト、皆の命の鼓動と同じです。
    あなたの命を無駄遣いしないためにも、どうすれば能率良くできるのか、どこを省いてどこに力を注ぐのか、仕事の軽重を常に考え工夫します。

  14. ここに居てくれてありがとう

    仲間である、あなたを独りにはしません。
    あなたは私たちの心の支えです。
    あなたの笑顔に癒されます。あなたの言葉に励まされます。あなたの思いやりに涙します。
    あなたの夢に感動します。
    私たちはいつもそんなあなたを見ています。
    体調は悪くないか、落ち込んでいないか、あなたがしてくれたように、私もあなたを支え応援します。
    わく歯科の仲間に、心から感謝を込めて言いたい。
    「ここに居てくれてありがとう」