丹波市 虫歯治療を始め、インプラント、口臭、歯並び、口腔外科、顎関節症、入れ歯、歯周病、矯正などのご相談はわく歯科へ。

丹波市 歯科 わく歯科

完全予約制0795-82-1128 / FAX:0795-82-5738
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~18:00(月・水は19:00、土は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日
診療科目

診療科目

審美歯科

審美歯科

笑顔に自信はありますか?

あなたは自分の笑顔に自信がありますか?いつも口元に手を当てて笑っていませんか?

もう一度あのころの笑顔を取り戻して、自分を輝かせてみませんか!いろんなことに、思いっきりチャレンジできるあなたがそこにいます。
わく歯科では笑顔のお手伝いができるツールが、あなたに合わせてたくさんご用意してあります。

わく歯科の考える審美歯科とは、単に白い被せ物を入れることとは違います。
患者様のライフスタイル、ライフステージに即して、若々しい笑顔で、会話、咀嚼(そしゃく:噛む能力の事)し、心身ともに健康であることを目的にしております。
機能性と美しさの両輪が揃った、総合的な歯科治療が審美歯科です。

患者様が社会生活をより豊かに送って頂くためのお手伝いをさせて頂けることが、私たちの願いです。
当院カウンセラーが患者様のニーズを十分に聴き取り、無理なく思いを適えます。

一回だけ無料で、オフィスホワイトニングを実施

「どうせやるならより白く」を合言葉に、わく歯科は自費の被せ物をなさる患者様に一回だけ無料で、オフィスホワイトニングを実施しております。
少しでも白くなった周囲の歯にあわせて被せ物の色を決めれば、あなたの笑顔の輝きもより眩しくなるはず。
専門のカウンセラーもいます。お気軽にご相談下さいませ。

審美歯科の治療法各種
オールセラミッククラウン

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない強さと、しなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。

金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるうえ、年数が経っても歯茎の境目が黒く見えることもありません。またお口の中の歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。現在考えられる最良の材料といえるのではないでしょうか。

当院ではオールセラミックをご要望の患者様には、歯の土台もファイバーポストと呼ばれる歯のしなりに最も適した素材を無料で実施しております。
今一番美しい10年経っても美しいそれがオールセラミックです!

メタルボンド

セラミックスと金属を高温で結合させた被せで、美しさと金属の強度を兼ね備えた古くからある信頼性の高い修復方法です。

ラミネートべニア

ポーセレン・ラミネート・ベニア法は、セラミック製のつけ歯で歯を白く見せたり、歯並びを美しく見せる方法です。
歯の周囲をぐるりと削らずに最小限度のエナメル質の切削ですむので、歯に優しい治療とも言えます。治療期間は最短2回の通院ですみ、セラミックなので歯ぐきにやさしく、磨耗や変色の心配がないので好評です。

セラミックインレー、ハイブリットインレー

歯の一部をセラミックや高分子樹脂などの人工材料でつめる方法です。

ハイブリットレジンクラウン

高分子化合物の樹脂を材料とするクラウンで、セラミックスに代るものとして普及してきています。

お値段もリーズナブルに出来ますが、樹脂ですから時間とともに変色があり、小臼歯から奥歯に向いています。

エンジェルクラウン

エンジェルクラウンは体に優しいオールセラミック素材で出来ています。
プラスチック素材を一切使わないために、長年使っても変色することはありません。

最先端のシステムで一人一人に最適な”歯”を作成した後は、まわりの自分の歯に合わせて色や形を微調整します。
見た目も、噛み心地も自然な仕上がりです。

そしてエンジェルクラウンは最先端の技術を歯科医療分野に応用することで、大幅なコストダウンを実現。
今までになく、お手ごろな価格で自然な白い歯への治療が行えます。

ダイレクトボンディング法

歯を全く削らずにエナメル質に接着したり、切削を最小限に留めるため、とても歯に優しい治療方法です。応用範囲が広く、症例によっては比較的リーズナブルな料金で美しい歯に修復出来ます。

しかし、すべての作業をお口の中で行うために、施術時間が掛かるうえ、たくさんの歯の治療となるとラミネートベニアに比べ難しいのも事実です。

ホワイトニング

歯を削って被せをしたりする方法と違い、薬剤を使って直接歯を白くする方法です。
結婚を控えた女性などは、ホワイトニングで真っ白な歯が純白のウエディングドレスにピッタリの輝きを放ちます。

神経がない歯を白くする場合

歯の神経が死んでしまうと、歯の色が茶褐色に変色してしまいます。
その場合は、根の治療が終わってから歯の内側にお薬を入れて白くします。

生きている歯を白くする場合

近年、急速に普及している方法で、歯の表面にお薬を塗って白くする方法です。

診療室で白くする方法(オフィスホワイトニング法)

35%程度の高濃度の過酸化水素を含むお薬を歯の表面に塗って、光をあてる方法です。
当院ではPMTCという歯のクリーニングのあと、専用の光照射器を用いて3回コースで施術します。

家庭で白くする方法(ホームホワイトニング法)

10%過酸化尿素のジェルを、患者さんの歯並びに合わせて作ったトレーの中に入れて、歯医者さんの指示に従ってお家で行う方法です。
歯の表面からホワイトニングする場合、知覚過敏がおきて歯がしみることもあります。
また、1~3年で色が後戻りすることもあります。