丹波市 「わく歯科」の院長BLOG

丹波市 歯科 わく歯科

完全予約制 ネット予約0795-82-1128
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~18:00(土曜は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日

院長BLOG

関西カタリバ大学

2010年9月25日 再生ネットの里代表に誘われて、 関西カタリバ大学というところに出席しました。   http://www.katariba.net/ 土曜の仕事が終わって、 京都市内の渋滞で大変遅れました 翌日の名古屋でのセミナーに備え 京都にホテルをとって、 飲み明かすつもりだったのです。 実は私はそこに寺脇研さんが来られるというので、 会いたい一心で向かっておりました。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E8%84%87%E7%A0%94 寺脇研さんは文科省のお偉いさんの時代に、 ゆとり教育の推進者として、 今では学力低下の戦犯扱いですが、 私にとっては映画評論家として 昔から尊敬する方でした。 ただその方と映画の話をしたいなんて、 不純な動機で行ったのです。 何をする会かもわからないまま会場に辿り着くと、 先に来ていた谷水ゆかりさんが 興奮した面持ちで 「偉い人が大勢きてるから早く早く!」と 急かしてきます。 2階に上がってびっくり!! どこかで見た顔なんてもんじゃありません。 この前まで新聞やニュースのトップを 飾っていたあのお方が・・・ そこに京都市長や松本外務副大臣、 企業やNPOの偉い方々に混じり 起業家や政治家を目指す高校生や大学生が 車座になってなんとも熱く熱く語っております。 この会は何なの? この私ともあろうおしゃべり者が、 まるで失語症に罹ってしまったかのように 何も口に出来ません。 まずは酒やと、 アルコールの力を借りることに致しましたが、 時すでに遅し 偉い皆さんがSPに催促されるかのように、 どんどん京都の闇に消えていかれます。。 私に血管にアルコールが満ち足りたころには、 残っておられた寺脇研さんに映画談議で絡みまくり。 大変ご迷惑をお掛けしたことでしょう。 それにしても最後まであまり意図がわからないまま 末席に座っておりましたが、 こんな若くして あのような大人たちと夢を語り合える 若者たちに出会えただけでも幸せでした。 幸いこれまでも私の周りには メディアで言われるような、 気力のない若者はいません。 きっと150年前の幕末も このように京都の旅館を舞台に、 日本の将来を熱く議論する若者たちで 溢れかえっていたはずです。 いや~いつの時代も「今時の若者は・・・」 なんて言っている大人の方が 「今時の年寄り」に近づいているのでは・・・