丹波市 「わく歯科」の院長BLOG

丹波市 歯科 わく歯科

完全予約制 ネット予約0795-82-1128
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~18:00(土曜は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日

院長BLOG

やまむら歯科、リオ歯科見学

去年からMMGに参加されるようになった、 愛知県刈谷市のやまむら歯科と 岐阜のリオ歯科に見学に行かせて頂きました。 やまむら歯科は平屋建てから、 何と今では3階建てになられた急成長の歯科医院です。 その端々に本物の医療をやりたいという心意気が感じられます。 それは医院のバックスペースに最も顕著に表れていました。 患者さんから最も遠い場所である滅菌コーナーに、 ん百万円のドイツ製の洗浄機と滅菌器が取り揃えてあります。 こんなの大病院の手術室でしか見たことありません。 予防ゾーン、 管理室の充実ぶり、 研修室はこれも羨ましい限りの広いスペース。 キッズコーナーに至っては、あのマロクリニックにも負けていません。 子どもトイレのかわいいこと、私が座れば間違いなく便座も粉々でしょう。 お仕事の合間に、やまむら歯科のこれまでの経緯や貴重な資料を、   受付主任と先生から長時間ご説明頂き恐縮しきり。 予定時間を大幅に超えて話が弾みました。 すぐに電車に乗って今度は岐阜のリオ歯科に。 もうすでに辺りは暗く、これでは見学もままならないと思っていましたが、 岐阜駅に迎えに来て下さった折戸先生の車から見えるリオ歯科は、 暗闇に燦然と輝きを放っていました。 これはまた歯医者とは思えない外観で、すごい視認性です! 折戸先生の常識とは逆を行く発想が、 すべてにこだわりとして表現されていました。 全個室でありながらオペレーションを決して損なわない作り。 トイレ一つも随所に折戸哲学が。 そして極め付けは特診室! 受付でカードを渡された患者さんだけが、 ここに立ちいることを許され、センサーにかざした瞬間に、 「開けごま」とばかりにその扉が開きます。 中はゴージャスな家具と落ち着いた雰囲気の手術スペース。   二つの医院はまるっきり逆のコンセプトのように感じましたが、 どちらも明確な院長の哲学が充満していました。 素晴らしく刺激になった見学ツアーでした。 やはりやりたいことが先にあってこそ、 それを形にするハードが生まれる。 今のわく歯科ではやりたいことの多くが形に現れていません。 建築時に、いかに院長に哲学がなかったことか・・・ しかし哲学を形にするには、 先立つものがたくさんいることも勉強になりました。とほほ