丹波市 「わく歯科」の院長BLOG

丹波市 歯科 わく歯科

完全予約制 ネット予約0795-82-1128
  • 診療時間
    9:00~12:00/14:00~18:00(土曜は17:00)
  • 休診日
    木、日曜、祝日

院長BLOG

柏原医療講演会

皆様新年明けましておめでとうございます! 本当にご無沙汰しておりました。 時系列については何も言わないで下さいませ。 ブログはまだ2010年が明けておりません。 まあ日付けは気にしないで見て下さい。 2010年9月12日 日曜日のこと 丹波医療再生ネットワークに講演の依頼があり、 今回私が柏原の本町公民館に出かけました。   30人近くのお年寄りの方々が熱心に聴いて下さりました。 その中には、 わく歯科の衛生士、 酒井さんのお父様もおられました   医療崩壊についての一般論から始まり、 丹波の「柏原病院の小児科を守る会」の活動の本質  現在の丹波の医療の実情などをお伝えしました。  最後時間を少し頂いて久しぶりに  『今ここであなたが倒れたら』 を上映したところ 皆さん頷きながら熱心に観ておられました。 私の講演ではいつも  「守る会」のお母様たちの活動の 本質と価値についての話しが、 クライマックスになります。 その活動は日本全国の医療崩壊を きたしている地域でモデルケースとして有名です。 ご存じの方もおられるでしょうが、 昨年テレビドラマにもなりました。 ところが残念なことに、 この活動が本来どのような価値を持っているのか、 一番ご存じないのが 丹波市民かもしれません。 私は昨年PTAの人権啓発委員会として このことを、人権問題の解決の 糸口にもなると発表しました。 すると多くの反響を頂き、 有難いことに講演の依頼も頂戴しました。 しかし依然丹波では存在は知っていても、 その活動内容の本質的な部分は 知られていないでしょう。 今回その代表である丹生裕子さんが 文部科学大臣が設置された 「今後の医学部入学定員のあり方等に関する検討会」の 20人のメンバーに選ばれました。 これは本当にすごいことなんですよ! 眼開き仙人は必ずいます。 それが丹波にもっと増えて頂くお手伝いこそが、 私たちの役目でしょう。 「忘己利他」の精神でお医者さんを支える彼女たち。 今度はその彼女たちを 支えることが自分たちに出来ることでは ないでしょうか。